2015年06月29日

暮らしの美形

梅雨も後半に入り、盛夏に備えてあれこれ気を配る時期になりましたね。

わが家のボウズは水泳の授業が始まったようで、日に日にこんがり良い具合に焼き上がってきている様子。遠い日の夏休みがふいに身近に感じられて不思議な気持ちになることが多い近頃ですね。


    line_09_10.gif


さて、そんな物思う梅雨の季節ではありますが、長雨の晴れ間のような爽やかさを感じさせる表題を冠した展覧会が、香川丸亀のうつわ店『楓』にて明日30日より開催されます(いつも間際のお知らせとなってしまい恐縮です)。


   20150628_01.JPG


  『暮らしの美形 展』

  2015年6月30日(火) 〜 7月26日(日)
  9:00 〜 19:00(月曜定休)

  増渕 篤宏(陶)
  名古路 英介(木)
  西山 芳浩(ガラス)

  
  香川県丸亀市飯山町東小川1252-1
  tel 0877-85-8023


以前よりご縁のあった陶の増渕篤宏さん、ガラスの西山芳浩さんのお二方と初めてお仕事をご一緒させていただけることになり、とても嬉しく思っております。


    line_09_10.gif


美しい「形」の提案というテーマにそうように、今展ではボクからの出展はオイル仕上げの品だけで、とのご要望をいただきました。


「木工」という仕事と「漆芸」という仕事、古くからお互い無くてはならないほど縁深いものですし、近年ではそれぞれの分野を独りで往来する作り手も少なくないので、はたから見るとどこにその境があるのか判断に困ってしまいますよね。

個人的には、木工の要点は「造形」にあり、漆芸の主題は「色彩」にあるのかなと考えていますので、木地仕上げの品には「かたち」という要素により大きな魅力を感じていただけるものとなるよう意識して制作することが多いです。


美形という言葉、ボクなどには身に余る思いしかありませんが、卓越した造形力の持主である増渕さん、西山さんの作品とともに、それぞれの素材ならではの姿形を楽しんでいただければと思います。


posted by nakoji at 15:32| お知らせ