2012年01月17日

木工にヤマをハレ

当の受験者の皆さんにとっては腹立たしいことかもしれませんが、正月の風物詩のひとつにもなってしまっている「大学入試センター試験」、今年もつい先日実施されたようですね。

試験運営面での不手際とともに毎年きまって新聞紙上に掲載される試験問題と解答、ボクなどはついつい興味本位で眺めてしまうのですが、実は今年度の英語の設問にひとつ面白いものがありまして、木工に関心をお持ちの多くの方が目を止めたのではないでしょうか。

以下にその問題を載せてみましたので、お時間のある方は学生気分にひたりながら頭を捻ってみるのも一興かと思いますよ。

20120117_01.jpg
20120117_02.jpg

ご覧いただいた通り木材の乾燥についての論説文なのですが、もし受験者が木工作について相応の知識を持つ方だったとしたら、本文を読まなくても正答を導き出せてしまうかもしれませんね。

こんな思わぬ特典があるなら、今後は入試対策としても若い頃から木工などの手工業に興味を持たれることを積極的にオススメしても良いのではないかな〜なんてことも企んでしまいますが、難関突破を目指す学生さん、ならびにその親御さん、いかがですか?

ご不幸にも万がいち大学受験に失敗するようなことになろうとも(失礼)、きっとその後の人生の貴重な指針となってくれる(かもしれない)ように思いますよ。

    line_09_10.gif

それにしても、図表2で示される通りとても乾燥した気候であるはずの北米においてさえ幅230mmの板が5mmも伸縮するようなことが実際にあるなら、彼の地で木工に携わる方々の気苦労もやはり大変なものなんでしょうね。

ちなみに上の問題の正解、(問35)が『3』、(問36)が『4』、(問37)が『2』とのことです。

posted by nakoji at 18:43| 日々のあれこれ