2012年03月11日

なにをか思う

いまさらこのようなことをつづるなど、無用な私的感傷にすぎないということは承知しているのですが、やはり今この国に暮らすものとして3/11という日付が背負うものの重さについて思わずにはいられませんね。

この一年、自分が成すべきこと、成すことができたはずのことの中で、どれほど多くのことを成さぬままに捨て置いてきたのか、それを省みるにつけ叫び出したいような気持ちになってしまいます。

次代を生きるひとたちが今後その心に希望を育みながら進んでいけるのか、未熟な身ながらとりわけそんなことに対する責務を感じざるをえない日です。


    20120311_01.JPG

posted by nakoji at 21:51| 日々のあれこれ