2011年06月30日

LIVING TABLE

作例をご紹介させていただくのは、どうしても事務的で面白みのない記事になってしまうので毎度のことながら心苦しいです。

とはいえ「じゃあ、それ以外の記事については面白いと思って書いているの?」と問われたらちょっと返答に困ってしまいますが…。

何はともあれ、先ごろお届けいたしましたリビング用のローテーブルです。


   20110630_01.jpg


受注制作の家具というのは、言うまでもなくご依頼主の要望に応じたものを制作するのが原則ですから、制作者が自身の好みを詰め込んでやろうなどと企てたりすると、往々にして残念な結果を招くことになるように思います。

ご依頼主が最も大切に考えていらっしゃるご要望に反するような「小さなご要望」に対してはご意見を申し上げることもありますが、制作者は自制心を持ってあくまでも「ご予算の範囲内でご要望通りに」粛々と制作を進めたいものですね。

ただ、数多くある既製品ではなく、また数多いほかのつくり手でもなく、このボクに制作を依頼していただいたという想いに応えるために、例えば限られた予算があったとしても、ご依頼主の要望を損なわない範囲で(≒説明されなければ気付かない程度で)制作物の質を高めるような工夫をひとつくらいは付け加えたいなぁと思っているのもまた事実です。

これを制作者の「良心(サービス精神?)」とみるか「独善」と断ずるかは、ご依頼主の判断にお任せするしかありませんね。


で表題のテーブル、脚の外側に(遠目には平面にも見える程度の)ちょっとした丸みを持たせてあるんですが、お気付きになりましたでしょうか?

いつものように全体像は本館の【作例】-【家具】にてご覧下さい。

posted by nakoji at 23:45| 作例

2011年05月31日

WORKING DESK

ながらく家具の撮影については、納品先でお客さまのご了解がいただけた場合をのぞけばむさくるしい作業場の片隅でおざなりに行うしかなかったのですが、先ごろようやく簡易的なスタジオ機材を導入(といっても予算の都合上ほぼ自家工作)しまして、比較的大きなものについても制作室内で撮影できるようになりました。

というわけで機材テストも兼ねてひとつ撮影してみたのですが・・・


   20110531_01.jpg


うむむ、やはりうつわなどの小さなものとは別の難しさがありますね。

結局、準備や後片付けを含め丸一日費やして得られたのは、ある程度以上の量感を持つ対象をスタジオ撮影する場合、思うような画像に近づけるのは簡単なことではないという当然の結論でした。

またひとつ長期的に取り組むべき課題を抱えることになってしまったようです。

ひとまず今回の成果は本館の【作例】-【家具】に掲載しておりますので、寛容な気持ちでご覧いただければと思います。

posted by nakoji at 22:28| 作例

2011年03月08日

八角脚小卓

ブログのような気さくなメディアで自分の作ったものを紹介するのは、ずいぶん気恥ずかしいものですね。例えば「うつくしい」なんて重みのある言葉をさらりと使って自身の作をプレゼンできるような境地に至ることは、ボクの場合はどうも一生ないような気がします。


  八角脚小卓


そんなわけでこちらではシルエット画像のみの掲載にとどめておきます。
お手数ですが明瞭な姿は本館サイトの【作例】-【家具】にてご確認ください。

posted by nakoji at 11:28| 作例