2015年04月18日

春の更新いろいろ

大阪「十三夜」での個展、ご来場いただいた皆さまのおかげで前回にも増す盛況のうちに無事に終えることができてホッと胸をなで下ろしているうちに、気付いたら4月もすでに半ば過ぎ(あわわ…)。

年度の更新にともなう物事の変化に応じる日々ですし、新しい出会いや取り組みが生まれやすい時期でもありますので、ありがたくもアレコレといそがしく過ぎゆく春の候ですね。

そして当方からも年度始めの事務的なお知らせ(毎度の事で恐縮です)がいくつかありますので、ご案内させてください。


    line_09_10.gif


まずは作品を新しくお取り扱いいただくことになったお店のご紹介です。

作年12月に個展を開催しました名古屋駅のギャラリー『hase』にて、作品を常時ご紹介いただけることになりました。展覧会期中などでも、ご店主にその旨お伝えくださればボクの手がけた品についてもご対応いただけるとのことです。

そして四国では初めてのお取扱いとなる香川丸亀市のうつわ店『』。こちらでは常設展示でオイル仕上の品々をご覧いただけるかと思います。

それぞれの詳細については各店のサイトをご参照くださいませ。
(↓お取扱い店を一覧に掲載しております)

  | studio SARI | お知らせ | お取扱い店 |

また近々の出展情報も更新しましたので、ご確認のうえ、お出かけの予定に加えていただけたら嬉しいですね。

  | studio SARI | お知らせ | 出展 |

なお新規お取扱い店については納品前のお店もいくつかある状況ですが、そちらについてはお届けしだい順次ご紹介する予定ですので、引き続きご注目いただければ幸いです。


    line_09_10.gif


最後に新年度いちばんの変化をあげるとすれば、息子の小学校入学ですね〜。
よくもまぁ大事無くここまで育ってくれたものだと他人事のように感心してます。


    20150418_01.JPG


手が掛かることも少しずつ減って親としてはたすかる面も多いのですが、いよいよ眼前に迫りくる諸課題にシラをきり続けるわけにもいかなくなり「むーん」と腕を組んでばかりの近頃です。

むーん、がんばろっと。


posted by nakoji at 20:42| お知らせ

2015年03月17日

個展 at 十三夜

ひと雨ごとに生気をますような陽気に心もなごむ一方、公私ともにあれやこれやと多くの雑務に追われる年度末ですね。そんな前置きをご案内が遅れてしまった言い訳にできるはずもなくお恥ずかしい限りではありますが、間近にせまった展覧会のお知らせをさせていただきます。

今週末20日より、大阪・中津のギャラリー『十三夜』で個展を開催いたいます。


   20150312_01.jpg


  2015年3月20日(金)〜 29日(日)
  11:00 〜 18:00 (会期中無休)

  作者在廊 21日(土)、22日(日)

  アート&クラフト 十三夜
  大阪市北区豊崎5-1-15
  tel 06-6375-3766


    line_09_10.gif
    

前回個展から2年近くの時間を経ての出展となります。前回に続いてご覧くださる皆さんにその間の歩みを少しでも感じていただけるよう、気を引き締めて準備してまいりました。

調理人向け専門誌の編集者という顔も持つご店主が営まれるギャラリーですので、うつわとお料理への造詣が深い皆さまのご来店も多く、ボク自身も緊張とともに様々な勉強をさせてもらえることをとても楽しみにしております。

どちらかと言えば漆仕上の品を主とした展示内容になるかと思いますが、お求めいただく機会の多いオイル仕上の皿類なども含めて200点あまり出品しております。

今週末にはボクも会場にお邪魔しておりますので、お時間ありましたらぜひお立ち寄りくださいませ。


posted by nakoji at 10:03| お知らせ

2015年02月18日

ここから未来へ

開業を間近に控えた新幹線に注目が集まるにつれて、北陸の話題を耳にする機会も多くなってきましたね。ボクにとってもなじみ深い土地ですので、楽しく彼の地を想うこともしばしばという近頃です。

そんな旬な街、金沢での展示に来週23日より参加いたします。


   20150218_01.jpg


『 ここから未来へ 石川県挽物轆轤技術研修所 卒業生作品展 』

  2015年2月23日(月) 〜 4月5日(日)
  石川県立伝統産業工芸館 2F 第4展示室

  9:00 〜 17:00(入館は4時45分まで) 木曜休館 
  入館料:260円(17才以下:100円、65才以上:200円)

 <出展者>
 井筒佳幸、任 性珍、岩本匡史、大石祐子、大藏豊彦、奥の麻衣子、
 木下富雄、佐藤勇士、佐竹巧成、生地史子、高月国光、玉井智昭、
 蝶野秀紀、辻 正堯、名古路英介、蜂谷友季子、濱田幸介、本間健司、
 松本由衣、山田真子


    line_09_10.gif
    

今回の展示は、漆器木地産地として他に類のない集積度を誇る加賀山中の「石川県挽物轆轤技術研修所」に学んだつくり手の作品を通して、山中木地の見どころと同研修所の概要をご紹介するという展覧会となっています。

木地挽きという仕事、どちらかと言えば裏方として漆器制作の土台を支える地味な役回りという印象もあるかもしれませんが、全国各地、それぞれの立ち位置で活動する20人の多様な作品をご覧いただくことで、その幅の広さと奥深さを少しでも感じていただけたら嬉しいですね。

また会場となる伝統産業工芸館には、工芸大国・石川県ならではの優品が常時多数展示されていますし、兼六園や県美術館、21世紀美術館などの名所にも隣接していますので、そちらを楽しみにお出かけいただくのも良いと思います。


    line_09_10.gif


なおボクは画像の煮物椀など近作数点を出展させていただきますので、よかったらご注目くださいね。


   20150218_02.jpg


お近くの皆さんはもちろん、新型新幹線での金沢観光を心待ちにされている方にも足をのばしていただければと思います。


posted by nakoji at 21:20| お知らせ

2015年01月07日

年頭にて

おくればせながら新年のおよろこび申し上げます。

年末からの風邪をこじらせてしまい、例年になくしっかりとお正月休みをとらせていただいたため、ご挨拶がすっかり遅れてしまい恐縮です。昨年も多くの皆さまのご厚意のおかげで、楽しくそして充実した一年となりました。

などとコタツでボンヤリ過ごしつつ往く年を振り返っていたところ、初詣でひいたおみくじにこんな文言が…。

   20150107_01.JPG

「十分の形」などという言葉には程遠い現状ではありますが、満ちたるは欠けるのはじまりという句に実に的確な戒めをいただいたように思いました。

迎えたばかりのこの年、もちろん一心に励むことに変わりはありませんが、それに加えて、少し落ち着いて自身を省みる時間をつくり、これからの仕事や家庭生活の在り方について改めて見つめなおす、そんな一年にできればとも考えています。



    line_09_10.gif



   20150107_02.JPG


本年も引き続きのご厚情の程どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by nakoji at 21:40| 日々のあれこれ

2014年12月25日

年の瀬のご挨拶

名古屋駅「hase」での展覧会、おかげさまで無事に終了いたしました。

地元での個展は初めてということもあり、忙しい年の瀬、そして寒さ厳しい候にもかかわらず、数多くの方にお運びいただき、最後まで賑やかな雰囲気のなか終えることができました。

会場にお伺いした際には、昔なじみの皆さんにお越しいただくたびに懐かしい話に花がさき、またたく間に1日が終わってしまうほど楽しい時間を過ごすことができました。

これまでは身近で応援してくださる(そしてご心配お掛けしている)方々にお伝えするのが難しかった自分の仕事について、今回こうして実際にご覧いただくことができてとても嬉しく思っております。


   20141225_01.JPG

         20141225_02.JPG


足を運んでいただいた多くの皆さま、こうした展示の機会を設けてくださったhaseスタッフの皆さんに心よりお礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

なお2015年の展示は、2月石川県からを予定しております。会期が近づきましたらコチラでもご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。


    line_09_10.gif


そしてお礼かたがたのお知らせで恐縮ですが、年末年始の休業についてもこの場を借りてご案内させていただきますね。

  2014年12月28日(日) より 2015年1月4日(日) まで

通常業務をお休みさせていただきます。

お電話や制作室へのご来訪につきましては申し訳ありませんが対応できません。

また、この期間中にいただいた電子メールやFAXでのお問合せなどにつきましては
2015年1月5日以降、順次対応させていただくことになります。

以上、よろしくお願いいたします。


   20141225_03.JPG


皆さまにおかれましては、どうか清々しき新年をお迎えになりますように。

posted by nakoji at 14:08| お知らせ